ドライバーの変化

ドライバーさんが福祉士へとスキルチェンジする

タクシー業界は従来の足の利便性のない方への、サービス事業として展開しています。どちらかというと、運転免許がないという、顧客を満足させるものになるでしょう。ケアマネジャーという、お年寄りのお世話をする資格者が、タクシー会社へも配備されます。タクシー会社の配車サービスなどで、お年寄りが足の不便を感じない、気配りと配車ができています。そうした高齢化を背景に、毎日ダイヤ時刻のような、 タクシー配車サービスをおこなっています。もちろんお年寄りで、杖や車イスの、介護のお世話ができます。この場合になると、二種免許取得と介護職員初任者研修タクシー会社などが対応しています。タクシー会社でお仕事していても、介護福祉士などの資格取得が可能でしょう。

サービスは利用者の自立をサポートする

いろいろな呼び方をされますが、サポートドライバーや、ケアドライバーさんという 立場で働いています。高齢者が病院などへ、通うのに介助する、役割りを担います。 他には介助や日常の、お世話ができるでしょう。先程も述べたように、経験を積めば、福祉の次の資格へとステップチェンジできます。特には通院は、介護保険が適用されている、保険請求事業になります。費用負担は全額の1割が、請求される仕組みになります。日中デイサービスなどのように、もっとサービスできる工夫を相談する事もできるでしょう。ケアマネジャーは、利用者の立場になって、配車サービスを行います。その人に合うサポートを選び、ケアを行うことが、今後も望まれるでしょう。

Copyright © 2015 あなたにしか出来ない専門的な求人を探しませんか. All Rights Reserved.
Design by Megapx
Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加